ジョージについて

ミスタージョージ

昭和51年 久留米の外れに1軒の小さな西洋料理店をオープン。

今でこそ当たり前のようになったフランス料理 しかし、その頃の久留米では受け入れてもらえず 開業2年目にして閉店...。

ホテルで修行し経験と技術を身につけ 美味しい料理を出していたのに 何故 閉店に追い込まれたのか。

テーブルに並ぶ いくつものフォークやナイフが受け入れてもらえなかったのか?

自分では満足のいく料理をだしていたのに....。

何日も考え 考えぬいて そして、気付いた1つの答え。

それは 料理の奥深さ。

《自分が満足するのではなく お客様が満足して当たり前》

今度はお客様に満足してもらいたい。

そんな想いから 子供からお年寄りまで いつでも 誰もが そして 気軽に食べられるおいしい物をと考え、お箸で食べられるハンバーグを作り上げる。

昭和56年 東合川に ミスタージョージ 開店。

今でこそ活気付いているこの街も当時は久留米の外れ。

この場所までお客様が足を運んでくれるのか不安....。

想う事はただひとつ

《お客様に満足してもらいたい》

お箸でも気軽に食べられるフライパンに乗ったハンバーグは 想像も出来なかったほど1人歩きしさらに口コミでも広がり たくさんのお客様に受け入れて頂きました。

オープン当時から変わることなく手ごねの手作りハンバーグを焼きながら 【美味しかね?】と笑顔で話しかける気さくなマスター。

マスターはこう言います。

今では、たくさんのお客様に受け入れてもらえた店だけど その分 大勢の方々に助けてもらったからこそ 今のミスタージョージがあるんです。

そんなマスターが作り上げた最高のハンバーグ 口の中に広がる至福のひと時をお箸で捕まえてみてください。